資格取得が困難な資格

資格取得が困難な資格があります。
例えばテクニカルエンジニアと言って管理システムの資格になりますが、この資格取得は困難とされています。
テクニカルエンジニアの試験にはコスト管理やシステム管理などの側面がとても重要視されています。

全く知識がないまま試験を受けても落ちる可能性が高いだけです。
ビジネススキルもある程度なくてはならないですし、知識も多少あった方が有利になります。
テクニカルエンジニアの試験では論文が必ずあります。
この論文ができないようですと資格取得の可能性は低くなってしまいます。

そして合格率は6~8パーセントだと言われています。
公認会計士も合格率がたいへん低くなっている資格の一つになります。
会計に関して専門的な知識はもちろんなければいけないですし、問題も難易度がかなり高くなっています。

1年で資格が取れるほどの簡単なものではなく取得まで2,3年は一般的にかかると言われています。
また税理士と言う資格も非常に難しい資格になります。
税制では法律の改正も頻繁に行われていますので種痘には事案もかかり難関だと考えられています。

高額取得者が多い税理士ですので人気も非常に高い職業になりますが、まずは資格取得には困難を極めるでしょう。
その他では、転職や就職に非常に有利だと言われているプロジェクトマネージャーの資格や、アクチュアリーと言う保険会社で保険料の算出を仕事にする資格なども、取得には時間がかかると言われています。



◆Special Link
公認会計士や公務員の資格取得が学べる講座を紹介しているサイトです → 公務員